ヘルペスなどさまざまな性病情報ナビ

「ヘルペス」は、「ヘルペスウイルス」というウイルスが皮膚や粘膜に感染して、水ぶくれができる病気のことです。
くちびるのまわりに水ぶくれができる口唇ヘルペスの場合、ウイルスに感染している日本人は20~30代で約半数、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあります。

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスはとても厄介な感染症です。
悩まされているという人も多いのではないでしょうか。
厄介なポイントとしては

  • 一度発症させるとヘルペスウイルスが体内に潜伏して何度も再発を繰り返す
  • ヘルペスウイルスは感染力が強いので発症させたら周りの人にうつさないように気をつけなければならない
  • 症状が出て治るまでに2週間くらいかかってしまうなどがあります。

口唇ヘルペスの症状についてですが、最初は唇の違和感から始まります。
唇がピリピリしたりムズムズしたりするような感覚です。
その次に出てくる症状が小さなできもの程度の水疱です。
その水疱がどんどん大きくなっていき、個人差がありますが痛みやむず痒さや腫れなどが生じることもあります。
唇にできた水疱の中にはヘルペスウイルスが無数に含まれているので、潰さないように注意する必要があります。
水疱が徐々に小さくなりかさぶたになって2週間くらいで治っていきます。

水疱ができると食事や会話や歯磨きや洗顔やメイクや入浴などの妨げとなってしまいます。
自然に治るまでには2週間程度かかってしまう口唇ヘルペスですが、早く治す方法もあります。
それは、病院を受診して治療を受けるという方法です。
病院では抗ヘルペス薬の飲み薬や塗り薬が処方されます。
早く治すためには症状が出たらすぐに病院を受診して治療を開始することが重要なポイントとなります。
治療の開始が早ければ早いほど治りも早くなります。

口唇ヘルペスの飲み薬

飲み薬は5日間分程度処方されますので用法用量を守ってきちんと服用しましょう。
塗り薬はなるべく唇の水疱を潰さないように塗ることを心がけましょう。
早く治したり再発を予防するためには免疫力をアップさせてヘルペスウイルスに打ち勝つ健やかで強い体をつくるということも大切です。
栄養バランスのとれた食事やたっぷりの睡眠や適度な運動などを意識して健康的で規則正しい生活を送ることが基本となります。
とにかく感染力が高いということをきちんと理解しておきましょう。

思わぬ落とし穴!食器の共有でも感染します

ヘルペスウイルスの感染力の高さを侮ってはいけません。
感染経路として思わぬ落とし穴もありますので注意する必要があります。
具体的にどのようなものかというと、食器の共有やキスなどです。
キスは直接唇が触れるので感染する可能性がとても高いです。
直接触れなくても食器の共有などで間接的に触れるだけでも感染する可能性があるウイルスであるということをきちんと理解しておきましょう。

食器だけではなくタオルなどの共有もなるべく避けるようにしましょう。
家族と同居している人が口唇ヘルペスを発症した場合は徹底的に感染経路の遮断に努めることが大切です。
家族と同居していると共有するものや場所も多くなり感染のリスクが一人暮らしの人に比べて高くなってしまうからです。

積極的に行うべきこととしては、唇をなるべく手で触れないようにすることや、唇に手で触れた場合はすぐに手を洗って常に清潔な状態に保つことです。
また、家族と同じ食器やタオルは使わないようにする、キスなどの直接唇にふれる行為は絶対にしない、唇に薬を塗る際もなるべく手で直接触れることは避けて綿棒などを使用するなどがあります。
無意識のうちに唇に触れてしまうこともありますので、症状が出ている間はマスクを着用してそれを防ぐという方法も効果的です。

健康的で規則正しい生活を送ってなるべく早く口唇ヘルペスを治すということも心がけましょう。
口唇ヘルペスを発症させたら、すぐに病院を受診して治療を受ける、周りの人にヘルペスウイルスをうつしてしまわないように感染経路との遮断に努めるということを心がけましょう。
免疫力を高めてヘルペスウイルスに負けない強い体をつくるということも大切です。
正しい知識を身につけて口唇ヘルペスと上手に付き合っていきましょう。