ヘルペスなどさまざまな性病情報ナビ

「ヘルペス」は、「ヘルペスウイルス」というウイルスが皮膚や粘膜に感染して、水ぶくれができる病気のことです。
くちびるのまわりに水ぶくれができる口唇ヘルペスの場合、ウイルスに感染している日本人は20~30代で約半数、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあります。

ヘルペスウイルスはどこからくるの?感染経路

疑問を感じている女の子

唇や口の周りに水ぶくれができて、痛みやかゆみがあれば、口のヘルペスになっているのかもしれません。
日本人の10人に1人は感染したことがあると言われるポピュラーな病気です。

そんなヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染することでうつります。
1ミリの1万分の1程度の小さなウイルス、その感染経路は「接触」です。
たとえばキスをしたり頬ずりをしたり、そういった行為で感染するため夫婦や親子といった親しい間での感染が多いとされています。
もしも水ぶくれなどの症状が出ているときには控えるようにしましょう。
なぜか分からないけれど感染していたという場合には、ほんのちょっとの小さな傷・ささくれ・アトピーなどを感染経路としているのかもしれません。
小さな赤ちゃんにも感染する病気ですから、特に乳幼児へのキスは要注意です。

ヘルペスウイルスは口の周りだけでなく性器の感染することもあります。
性器ヘルペスです。
こちらは性病の一つとされており、性行為を感染経路として発症することが多いです。
性器の粘膜同士が触れることでウイルスが侵入してくるのです。
性器周辺に水ぶくれができ、痛みやかゆみを伴うのであれば性器ヘルペスになっているのです。

最近では性行為の内容も多様化してきておりオーラルセックスも一般的となってきました。
オーラルセックスもまた性器と口の粘膜が接触する行為のため、それが原因で性器から口に感染することもあります。
性行為で感染しないためにも避妊だけでなくウイルスも防ぐようコンドームをつける・複数の方との奔放なセックスは避ける、など注意が必要です。

ヘルペスは抗ヘルペス薬として軟膏やクリームといった外用薬を塗ったり飲み薬を服用したりすれば症状を治めることができます。
万が一感染した場合には病院で処方してもらってください。
ただし、抗ヘルペス薬を使用しても症状が治まるだけです。
ヘルペスウイルスは、一度感染したら一生体から消えないのです。

ヘルペスウイルスは一生体から消えない!

ヘルペスは、1度目の感染は激しい痛みや高熱を伴います。
ただし2度目からはそれほどひどい症状になりません。
ヘルペスに感染したのにそこまでつらくなかった、なぜだろうと思っている方、実は赤ちゃんのうちに感染しているのかもしれません。
それに、場合によっては乳幼児の段階で初めて感染したときに症状が出ないことも多いのです。
10人に1人の中に含まれていないと思っている方も、実はすでにヘルペスウイルスを体に持っているのかもしれません。

一度感染したらヘルペスウイルスは身体の神経節の中に入り込んでしまっています。
現代医学ではまだこれを退治するすべはないのです。
そのため一生消えないで体に残っています。

普段は特に問題なく過ごせています。
ですが、免疫力が弱ったときにウイルスたちはまた活動を活発化させてしまうのです。
何度も再発するのはそのためです。
忙しくストレスの溜まる毎日を送っている現代人、食生活も乱れており免疫力は低下しがちです。

抗ウイルス薬ですが、できれば常備薬として手元に持っておくことをおすすめします。
二度目以降はまだ初期の段階・水ぶくれができる前のなんとなく口の周りがピリピリする・かゆみを感じるという段階で服用するのです。
そうすれば見た目にも影響することなくまたウイルスの活動が沈静化されて症状が治まります。
一度発症した以上はいつまたならないとも限りません。
だからこそすばやく対処できるようにしておくのです。

そしてできれば免疫力が低下しないように、食生活を整える・ストレス解消法を見つけ出す・疲れがひどくなる前に無理せず休むようにする、など生活の改善も考えた方がよいでしょう。
もう二度と再発しないよう頑張りましょう。