ヘルペスなどさまざまな性病情報ナビ

「ヘルペス」は、「ヘルペスウイルス」というウイルスが皮膚や粘膜に感染して、水ぶくれができる病気のことです。
くちびるのまわりに水ぶくれができる口唇ヘルペスの場合、ウイルスに感染している日本人は20~30代で約半数、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあります。

ヘルペスの潜伏期間はどれくらい?

ばい菌の人形

ヘルペスとは、「単純ヘルペスウイルス」というウイルスが原因で発症する皮膚病で、発疹や水ぶくれなどの症状が現れます。
ウイルスには1型と2型の2種類があり、1型は口の周りや顔面などの上半身に多く発症し、2型は性器や下肢などの下半身に症状が出ます。
ヘルペスウイルスは感染力が非常に強く、一回感染してしまうと、その後症状は治まってもウイルスは体内に一生涯棲みつき、しばしば皮膚に発赤や痛みを伴う水疱を引き起こし、その後も再発を繰り返し続けます。

ヘルペスの症状が出ている時期は、水疱部分や唾の中に大量にウイルスを排泄しています。
この時期に単純ヘルペスウイルスの抗体を持っていない人や、持っていても抵抗力が落ちている人がヘルペスを発症している人と接触してしまった場合に、感染してしまう可能性が高くなります。

2型の性器ヘルペスは、性行為による感染がほとんどであり、頻繁に再発を繰り返す傾向があります。
女性の方が感染率が高いのも特徴です。

ヘルペスの種類によって潜伏期間は異なる

1型ヘルペスの潜伏期間は3~7日ほどですが、2型の性器ヘルペスの場合、感染したときは何も起こらず、不顕性感染と言います。
何も症状を起こさずに体内でウイルスが潜伏し続けるパターンと、感染後すぐに症状の現れる急性型性器ヘルペスが起きるパターンに分けられます。
不顕性感染は、免疫力の低下などにより、場合によってはその後何年もした後に活性化し、ヘルペスの発症に至ります。
急性型性器ヘルペスの場合、2~10日ほどの潜伏期間を経て発症します。

ヘルペスウイルスの多くは、初感染時は症状が強いため、感染したことにも気が付きやすく、早期治療にもつながりやすいです。
再発した場合は小さな水ぶくれやただれができる程度の軽い症状ですむことが多いため、再発したことを本人が気づかないまま性行為を行ってしまい、感染を拡げてしまうことが多いです。
また感染したことに気が付いていても、羞恥心から治療が遅れてしまう場合も多くあるようです。

潜伏期間に気づかずしてしまった性行為で感染するか

ヘルペスは、現代の医学では一度でも感染してしまうと体内のウイルスを完全に除去することは困難であり、生涯にわたって潜伏と活性化を繰り返し続けていきます。

さらに、ヘルペスの最も恐ろしい点は、本人に症状が現れていなくても感染力があるということにあります。
つまり、たとえ症状がなくても、粘膜や体液からウイルスを排泄している事があるのです。
この排泄されたウイルスも十分な感染力を有しており、単なるセックスだけでなく、オーラル・アナルセックス・手淫などの行為によっても病気がうつってしまいます。
また、患者の70%が、病気に気づかなかった状態での性行為によって感染しているとも言われており、無自覚の加害者が、病気の被害を拡大させているのも特徴です。
これは以前にヘルペスを発症してから1年以内の感染者の場合に特に多く見られるとされています。

さらに、母親の性器ヘルペスが原因となり、赤ちゃんがお腹の中や、出産時の産道を通るときに感染してしまう事があります。
特に産道感染は全体の85%と非常に高い可能性を有しているため、事前に病気が判明していたり、母体の発病状態がひどい場合などは、帝王切開での出産を勧められることもあります。
もし気づかなかった状態で赤ちゃんがヘルペスになってしまった場合、将来的な発症のリスクがあるだけではありません。
新生児ヘルペスと言って、赤ちゃんに生後間もなく発熱・黄疸・呼吸障害などの症状が現れ、重篤な場合、脳症などの後遺症が残ったり、死亡してしまったケースもあります。

ヘルペスは早期治療が非常に重要な病気です。
異常を感じた場合には、速やかに病院を受診して適切な治療をおこない、自分と大切な人を守りましょう。