ヘルペスなどさまざまな性病情報ナビ

「ヘルペス」は、「ヘルペスウイルス」というウイルスが皮膚や粘膜に感染して、水ぶくれができる病気のことです。
くちびるのまわりに水ぶくれができる口唇ヘルペスの場合、ウイルスに感染している日本人は20~30代で約半数、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあります。

ヘルペスにならないための性行為とは

性器ヘルペスは日本で感染者数が多い性病の1つで、性交渉をすることによって感染してしまいます。
性器ヘルペスにかかってしまうと完全には治らないことがあります。
症状としては、陰部の水ぶくれや、痛み・かゆみが起こるため、性器ヘルペスに悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
一度感染してしまうと治療が必要になります。
そのため、性行為の際には感染しないための注意が必要です。

性器ヘルペスは感染症のため、性器の粘膜が感染経路となります。
そのためコンドームをつけていれば感染を防ぐことができると思いがちですが、コンドームを使用するだけでは感染を防ぐことはできません。

そのため、まず自分自身が感染させられないようにするためには、普段から健康的な生活を送り、免疫力を高めておく必要があります。
健康的な生活とは、バランスのとれた食事をとることや、適度な運動をすることです。
免疫力が低下していると感染しやすくなるので、普段から免疫力を高めておくことが予防策として効果的です。

もしも自分が性器ヘルペスに感染してしまっている場合は、相手に感染させないことが重要ですし、相手も感染したくないと感じるはずです。
もしヘルペスの症状が出ている場合は性行為自体を控えましょう。
また、症状は初期症状と違って気づきにくいことが多いです。
そのため、日ごろから症状が出ていないかチェックすることが、発症しているか気づくためには大切です。

オーラルセックスもヘルペスに感染する場合あり

オーラルセックスも十分な感染源になり得ます。
オーラルセックスの場合は、性器にいる病原体がオーラルセックスによって口腔内に感染する場合と、口腔内にいる病原体オーラルセックスによって性器に感染する場合とがあります。
そのため、オーラルセックス自体も控えることが必要になります。

自分が感染者だろうと相手が感染者だろうと、感染したくない気持ちは誰にでもあります。
しかし自分が感染者でも性交渉ができないというのは苦痛です。
そこで、ヘルペスが再発してしまう人には再発抑制療法が考えられます。

再発抑制療法とは

性器ヘルペスにかかってしまった人で、再発してしまう人は再発抑制療法という治療を受けることができます。
性器ヘルペスは完治しないと聞くと絶望的かと思われますが、基本的に体内に潜むウイルスが増殖してこない限り症状が出ることはありませんし、感染させる可能性も減ります。
ただ、再発率が高いというのも事実です。
そこで再発を防ぐことが必要です。
そこで再発抑制療法が効果的です。
再発抑制療法とは、薬物療法のことで、毎日処方された薬を飲むことで、体内でのウイルスの増殖を抑えてくれ、再発防止につながるというものです。

この再発抑制療法で使われる薬が、抗ヘルペスウイルス薬です。
これはウイルスの増殖を抑えてくれるだけで、完治するための薬ではありません。
なぜ抑制するだけかというと、実は現代の医学では、ヘルペスウイルスを完全に体内から駆除する治療薬や治療方法が存在していません。
そのため、ヘルペスウイルスの増殖を抑制することが、発症を防ぐ手段になっています。

なぜ駆除できないのかというと、ヘルペスウイルスが生息しているのが、神経細胞だからです。
神経は人間の作りの中で重要な役割を果たしています。
そのため免疫に攻撃されることなく生息できています。

年に1、2回再発しやすい感染症ですが、年に6回以上再発してしまう人にはこの再発抑制療法がおすすめです。
薬の服用期間は8週間から長くて1年という長期間に及びます。
もちろんこの期間には個人の症状によって変わってくるので、医師の指示に従って薬を服用するようにしましょう。

性器ヘルペスは感染しやすく、また、シビアな問題でもあります。
本人が再発防止に努め、相手に感染させないようにすることが重要です。